MENU

各種素材の説明や費用|加須市ビバモール加須内の歯医者 - はやし歯科クリニック

各種素材と費用

Kind・Price

Kind・Price

各種素材と費用

インレー(詰め物)の材料

コンポジットレジンコンポジットレジン

特徴

白いプラスチック系の材料です。

メリット

  • ・保険適応のため安価
  • ・歯を削る量が少なくて済む
  • ・白くきれいな見た目になる

デメリット

  • ・耐久性に劣るため、使用できる部位に制限がある
  • ・数年で変色し、色調が悪くなる
パラジウム合金パラジウム合金

特徴

一般的に広く使用されている銀歯です。

メリット

  • ・保険適応のため安価
  • ・耐久性があり、ほとんど全ての歯に使用できる

デメリット

  • ・銀色で目立つ
  • ・金属アレルギーを起こしやすい
  • ・溶けだした金属が歯茎を黒くしてしまうことがある。(メタルタトゥー)
ハイブリッドセラミック金合金 白金加金

特徴

金(ゴールド)や白金(プラチナ)を主成分とした金属材料です。上の奥歯におすすめの材料です。

メリット

  • ・全ての材料の中で最も耐久性が高い。
  • ・二次虫歯になりづらい
  • ・適度な硬さがあり、歯に最も優しい。

デメリット

  • ・自由診療となる
  • ・色調は金色または銀色となる
セラミックセラミック

特徴

セラミック(陶器)からできた材料です。

メリット

  • ・白く、透明感があり、天然歯に最も近い色調で基本的に変色はしない
  • ・十分な耐久性がある

デメリット

  • ・自由診療となる
  • ・割れることがある
ハイブリッドハイブリッド

特徴

セラミックとプラスチックを混ぜた材料です。

メリット

  • ・白く、きれいな色調
  • ・セラミックより安価

デメリット

  • ・色調や耐久性はセラミックより劣る
  • ・長く使用すると変色してくる

クラウン(被せ物)の材料

オールセラミックパラジウム合金

特徴

一般的に広く使用されている銀歯です。
前歯の被せ物では銀歯の表面をプラスチックで覆った硬質レジン前装冠を使用します。

メリット

  • ・保険適応のため安価
  • ・耐久性があり、ほとんど全ての歯に使用できる

デメリット

  • ・銀色で目立つ
  • ・金属アレルギーを起こしやすい
  • ・溶けだした金属が歯茎を黒くしてしまうことがある(メタルタトゥー)
ゴールドクラウン・プラチナクラウンゴールドクラウン
プラチナクラウン

特徴

金(ゴールド)や白金(プラチナ)を主成分とした金属材料です。 上の奥歯におすすめの材料です。 表面にセラミックスを張り付けて白くすることも可能です。

メリット

  • ・全ての材料の中で最も耐久性が高い
  • ・二次虫歯になりづらい
  • ・適度な硬さがあり、歯に最も優しい

デメリット

  • ・自由診療となる
  • ・色調は金色または銀色となる
オールセラミッククラウンオールセラミッククラウン

特徴

全てセラミック(陶器)からできた被せ物です。

メリット

  • ・白く、透明感があり、天然歯に最も近い色調で基本的に変色はしない

デメリット

  • ・自由診療となる
  • ・硬すぎるて歯が割れることがあるため、あまり力のかからない前歯におすすめです
ラミネートべニアメタルボンドクラウン

特徴

金属の上に白いセラミックを焼き付けた被せ物です。

メリット

  • ・白くきれいな色調となる
  • ・耐久性が高く、長持ちしやすい

デメリット

  • ・自由診療となる
  • ・オールセラミックと比べると透明感に劣る
  • ・裏からみると金属が一部見える
ゴールドクラウンハイブリッドセラミッククラウン

特徴

セラミックとプラスチックを混ぜた材料です。

メリット

  • ・白く、きれいな色調
  • ・セラミックより安価

デメリット

  • ・耐久性がセラミックより劣るため使用できない歯がある
  • ・色調はセラミックより劣り、長く使用すると変色してくる

ブリッジの材料

パラジウム合金パラジウム合金

特徴

一般的に広く使用されている銀歯です。
前歯のブリッジ治療では銀歯の表面をプラスチックで覆った硬質レジン前装冠を使用します。

メリット

  • ・保険適応のため安価
  • ・耐久性があり、ほとんど全ての歯に使用できる

デメリット

  • ・銀色で目立つ
  • ・金属アレルギーを起こしやすい
  • ・溶けだした金属が歯茎を黒くしてしまうことがある(メタルタトゥー)
ゴールドブリッジゴールドブリッジ

特徴

金(ゴールド)や白金(プラチナ)を主成分とした金属材料です。上の奥歯におすすめの材料です。

メリット

  • ・全ての材料の中で最も耐久性が高い
  • ・二次虫歯になりづらい
  • ・適度な硬さがあり、歯に最も優しい

デメリット

  • ・自由診療となる
  • ・色調は金色または銀色となる(表面をハイブリッドセラミックで覆って白く見せることはできます)
オールセラミックブリッジオールセラミックブリッジ

特徴

全てセラミック(陶器)からできた被せ物です。

メリット

  • ・白く、透明感があり、天然歯に最も近い色調で基本的に変色はしない

デメリット

  • ・自由診療となる
  • ・硬すぎて歯が割れることがあるため、あまり力のかからない前歯のブリッジ治療におすすめです
メタルボンドブリッジメタルボンドブリッジ

特徴

金属の上に白いセラミックを焼き付けた被せ物です。

メタルボンドブリッジは金属の上にセラミックスを張り付けてあるためオールセラミッ クブリッジと、見た目に極端な差はございません。

メリット

  • ・白くきれいな色調となる
  • 耐久性が高く、長持ちしやすい

デメリット

  • ・自由診療となる
  • ・オールセラミックと比べると透明感に劣る
  • ・裏からみると金属が一部見える

入れ歯の材料

インプラント
1.保険診療の入れ歯
  • 保険診療の入れ歯はプラスチック製のものとなります。
  • 部分入れ歯では金属のバネを歯にかけてお口に固定します。
  • プラスチックのため、厚みがあり、違和感を強く感じることがあります。
  • ブリッジ治療やインプラント治療ができない場合の治療法となります。
入れ歯
2.金属床義歯
  • プラスチックの一部を金属に置き換えたものとなります。
  • 金属にすることで、薄くて違和感の少ない入れ歯となります。
  • また温度を感じやすいことで、味覚障害が少ないのも特徴です。
  • 金属はコバルトクロム合金、金合金、チタン合金から選べ、それにより費用が異なります。
  • 自由診療となります。
インプラント
3.ノンクラスプデンチャー
  • 金属のバネをなくし、全てプラスチック製としたものです。
  • 見た目がよく、やわらかいプラスチックを使用しているので付け心地も良い入れ歯となります。その反面、咬み砕くことには劣ります。
  • 自由診療となります。
インプラントデンチャー
4.インプラントデンチャー
  • 本来歯茎というやわらかい組織を支えとする入れ歯ですが、インプラントを支えとすることで、強く噛むことができるようになります。
  • インプラントの本数や顎の骨の状態により、費用が異なります。
  • 自由診療となります。

費用

こちらの金額は詰め物・被せ物単体の費用です。歯周病治療や根の治療などの他の治療費は含まれておりません。

自由診療の費用と保証について

セラミックインレー 50,000円~
ゴールドインレー 50,000円~
メタルボンドクラウン 100,000円~
オールセラミッククラウン 120,000円~
ハイブリッドインレー 30,000円~
ハイブリッドクラウン 70,000円~
金属床義歯(一部義歯) 80,000円~
金属床義歯(全部床義歯) 200,000円~
ノンクラスプデンチャー 80,000円~
オフィスホワイトニング 20,000円
ホームホワイトニング 15,000円
デュアルホワイトニング 30,000円

当院では保証書をご準備し、自由診療の補綴物に保証期間を設けております。

保証書

デンタルローン